ダチョウ*Linksをフル活用
今日は私お勧めのサイトの御案内。
ダチョウが気になる方は既に御存知だとは思いますが、
ダチョウ*Links は全国のダチョウを飼育している牧場などがリンクされています。北は北海道から南は沖縄まで全国にいますので、あなたの住む都道府県にもきっといるでしょう。
東京都にも動物園ではなく、飼育されているところがありますよ。そこは、、、練馬区の福祉施設の庭にいるのです!庭には2羽のニワトリ、ならぬ3羽のダチョウ!
ダチョウは声帯がないので、オスが発情や威嚇の為にだす音以外はなく静かです。牛や豚、鶏よりも消化器官が発達しているため糞尿の臭いが「くっさー」ということがありません。どこの牧場も成鳥の場合全く糞尿の始末をする必要がないんですよ。体は大きいですが、鳴かない臭わないので、近くに住んでいても気がつかないと思います。
と、いうことでダチョウさんに会いに行きたくなったら、*Linksでお近くの牧場へ遊びに行って下さいね。
b0029037_22125993.jpg

[PR]
# by richegg | 2004-09-21 21:56 | ダチョウについて
リッチ卵に魅せられて
オーストリッチの良い所はたくさんあるのですが、それは追々お話することにして、今日は卵の話。
牧場土産に卵の殻を買って帰る車中、手のひらでスベスベと卵をなでながら、大興奮状態におりました。オーストリッチの卵も現存する世界で一番大きな卵です。長径17〜19センチ、短径14〜15センチ、殻の厚さ2ミリ、鶏卵やうずらの卵くらいしか知らない私にはかなりの衝撃でした。
ダチョウさんが一生懸命産んだ卵を大事に有効利用したい!!
と考えた私は、Egg ARTをインターネットで調べ、新宿京王プラザホテルにあるCalifornia Fancy Egg|カリフォルニア・ファンシーエッグへ展示品を見に行きました。ゴージャスな作品にうっとり、0のたくさんある値札に目眩を起こしたのでありました。
b0029037_8354119.jpg
これはオーストリッチではなく、レアの卵です。
1日体験教室に参加させていただいた時の作品です。
お教室にいらっしゃっていた方々もゴージャスな人達で、私緊張してしまいました。
貴婦人の趣味から始まったエッグアート、を痛感いたしました。
[PR]
# by richegg | 2004-09-20 08:41 | egg art
ブログはじめました。
毎日毎日、寝ても覚めても、頭の中はオーストリッチのことばかり。
始まりは昨年末の事でした。
「年末ジャンボ宝くじ一等当たったらどうする?」
という家族会議からでした。
「会社勤めも飽きたし、何か事業を始めたいねえ。田舎で暮らすのもいいなあ。」
そこから発展して、ダチョウ=オーストリッチ好きになったのでした。
オーストリッチは南アフリカに生息する、現存する世界で一番大きな鳥類です。動物園や牧場で一度本物を見て下さい。実物を見ると、心拍数が上昇し生命の危険を思う程に大きく感じます。b0029037_11574978.jpg

[PR]
# by richegg | 2004-09-19 11:58 | ダチョウについて