<   2006年 08月 ( 36 )   > この月の画像一覧
リッチな毎日を送るヒント♪
旅行のまとめができずにだらだらと
週末また自由時間がとれたらアップします
眠い眠い病の為
就寝時間が10時前で
自由時間が平日はほとんどないのです


CUEのブログが「リッチな毎日」なんていう誇大広告ギリギリなタイトルなので
オーストリッチに興味がない方も偶然このブログに訪問される方も多いかと思います

今日はそんなrichに興味がある方へのヒントを書こうと思います。
ブログを始める前後から、お金持ちの人と出会う機会が増えました。
そんな方達と知り合って感じた話を書こうと思います。

私の知っているお金持ちの方は
1.生まれた家が資産家もしくは経営者
2.小さい頃からちゃんとした夢があってコツコツ近づいた

の、どちらかです。宝くじの一等が当ってお金持ちになったという方はおりません。1だったとしても、本人がやることをやらないと事業を拡張することは難しいです。

お金持ちの方はお金以外の物もたくさんもっている
1.お金は大事なもの便利なもの
2.お金では買えないものもあること、それは一生の財産

特に2については、庶民と比べてとても大事にしている方が多い気がします。例えば家族や友人などです。金の切れ目が縁の切れ目になるような、お付き合いはしてないです。裏を返せば、お金があるというだけで親しく近づく人がいて、なかなか本当のお友達関係を築く事が難しいからなのかもしれませんね。

お金持ちになるには
サラリーマンよりも経営者になる方が近道
経営者になると、働いた分だけお金になる完全歩合制な世界になります。企業というぬるま湯につかったままお金持ちになりたいと思うのは、経営をされている方から見ると甘いと思われるでしょう。個人の資質や技量に左右されますので、独立し経営者を目指す前に自分の適性を考えましょう。

お金持ちは趣味人
まず最初に、仕事が大好きな方が多いです。
不安だから仕事をしているのではなく、次々にアイディアが出てしまうからワークホリックになる方が多いです。
忙しい毎日を送っているはずなのですが、開いた時間は趣味に打ち込む方が多いです。社交性のある方が多いので、個人的に始めても自然に同じ趣味の人の輪がどんどん広がるみたいです。

結果やお金はいつも後からやってきます
だから、その輝かしい時まで頑張ったり考えたりして、プロセスを楽しまれているみたいです。

第一印象から強いオーラを発している
これは凄く共通することです。威風堂々としていて、キラキラ輝く眼力があります。これは女性でも同じです。忙しくっても疲れていない、ように見えます。

お金持ちな社交家な方だと必ず出会う人たちがいます
政治家さん、やくざさん、警察さんや弁護士さんなどなど。
こういった方と上手にお付き合いできる事が大事です。

お金持ちの共通する点は、他にも本当にたくさんあると思います。


CUE的には
お金持ちになりたいのではなく、幸せになりたいと精進した結果がお金持ちにつながるのが健全でよろしいかと思います。

CUEの幸せは、ダチョウ三羽と猫一匹。フォブコープの白いオトーフの家。鍵をかけないで、誰もでも自由に気軽に遊べる家が理想なのです♪お金持ちになって、贅沢三昧というよりは心がどんどん自由になるということ。完全な自由なんて、この世には存在しないと分かった上で、法を破らない程度の節度ある自由を楽しめたら幸せだと思っています♪

現在お金持ちでは全くございませんが、私はいろんな方から
CUEは恵まれていて幸せね!
といわれます。本当に毎日が幸せでいっぱいだったりします♪これは自分の努力などではなく、良い方に恵まれた結果なので、周りの方に感謝感謝でございます♪

そして根拠のない自信なのですが、これから経済的に恵まれても恵まれなくても、大きな災害に遭っても遭わなくても、私は私。幸せ感が増幅される事は間違いないと思うのです!


皆さんの毎日も、どんどん幸せが増幅されることを願ってやみません。
それから
一生一人で生きていけると思う方は多いかもしれませんが、できれば心から許せる生涯ずっと支えあう人とめぐりあって欲しいと思います。異性間にこだわらず、大切な人が自分を強くさせ、豊かにすると思います。


さてはて
皆さんの、「リッチな毎日」へのヒントになったでしょうか?
[PR]
by richegg | 2006-08-31 11:32
不思議の国のロシア  ~ロシア後遺症~
旅行に行ってきた前後やたらと、
「ろしあ」
という単語が気になります。

国内線墜落
日本人漁船だ捕
マドンナのコンサート会場変更
寺院が火事
天然ガスの事

いろいろ
ニュースがひっかかるようになりました

マドンナの講演は、モスクワのいたるところに巨大ポスターがされていたので、字は読めなくてもわかりましたが、まさか会場予定地があんなところとは露知らず、帰ってきてから驚きました。

寺院の火事は、多分観光した場所なんじゃないかね?とパパと話しております。

天然ガスはこれから、どんどん話題になるエネルギーです。石油がだめならガスでという魂胆です。ロシアという謎につつまれているところから、天然ガスを買っている国は今年の冬パイプラインを遮断されないか、戦々恐々としているかもしれません。

プーチンさんは、恐ろしく頭が良いのでロシア経済は好景気に沸いているようです。ですが、あのガラスのように冷たい表情を見ても分かるよう、心までは分かりません。日本の古だぬきのような政治家よりも手ごわそうな顔立ちをしておりますから(笑)


ところで現在CUEはロシア後遺症
東京の女の子がブスに見えて仕方がない!
というか、ロシアの若い女の子は誰でもすっごい美人でした!
小さい頭、細くて長い手足、金髪の美しい髪、青目茶目の美しさ!
まさに

ハラショー!!!

ロシア美人は、外国へストリップで働いて外貨を稼ぐそうです。
どんどん踊って稼いでいただきましょう♪

ところで、ロシア人女性と聞いて誰を思い出しますか?
今回の旅行後、私の場合は美人だけど無愛想でかわいげのない

マリア・シャラポアさん と タトゥーの二人(核爆)

きっと、美人は少し性格が悪いくらいで丁度よいのでしょうね?
[PR]
by richegg | 2006-08-30 11:15
スックのマッサージをやってきました。
この前の土曜日に新宿伊勢丹のスックで、顔筋マッサージ受けてきました。
マッサージクリームとそのクリームを除去する化粧水、コンシーラー2色お買い上げ。

お金ないのにぃ。。。
5月に交換した13諭吉分のお買い物券は、残り8漱石に

と、思いつつ。マッサージの力の入れ方とかが分かって良かったです♪
マッサージをされながら
「普段どのような化粧水を使われてますか?」
「ファンデーションはどこのメーカーですか?」
と聞かれてヒヤヒヤ!

だって、ドラッグストアの安い化粧品ばかりだから、メーカーなんて覚えてないし。。。
それでも、カウンターのお姉さん達よりは肌が綺麗だからそれはそれでよろしいのです♪

結婚後、すっかり御無沙汰になってしまった伊勢丹。
改装をチョコチョコして、どんどん高級志向になってしまっていて、縁遠くなる一方です。

スックのコピーは
「7年前の顔になる」
ですが、レトロというか和風な顔に仕上がった私は
「むしろ、5年後の顔」
になって
地下食料品の都築里のソフトクリームを舐めて帰りました
甘くなくて、むしろ苦いので、次はジェラート屋さんにします♪

年相応って何でしょね?
30歳って、何が一番似合うのかしらね?
好きなものや、長く愛せそうかな?と思うものはどうしても、オババイ!ので気持ちがフラフラと揺れております。

だから?か、今日は膝上20センチのミニスカだったりします(笑)
「自分」という箱がグニャグニャしているから、いまだに一定の方向が見えていないのですよね。

全てを楽しむ生活をしているからそれはそれで良いのですが、しっとりとした大人にならないとね。

ロシアツアー旅行の人に、もちろんお世辞が入っているとは思いますが、それにしても皆さんに
「学生さん?」
と聞かれたのは本当にショックでしたから。ええ、はい、精神年齢が成長しておりませんから。行動を見て年齢を判断されてしまいましたです。会社員10年してるのにな。
「三十路で既婚者ですよ」
と答えたら、皆さんドンビキ!
私はまったく、笑えないです。。。
(逆に40代でしょ?といわれてた人は30代でした。見た目なんて、実年齢とは関係ないでし)


SUQQU 【スック】

宇治茶の祇園辻利・茶寮都路里
[PR]
by richegg | 2006-08-29 11:08 | セルフメンテナンス
ねむくてねむくてねむい
人生の三分の一は睡眠なんていわれるけど
私の人生は半分くらいが睡眠な気がします

とにかく眠くて。。。
野比のび太のように
居眠りばかり

うっつらうっつら
こくこく。。。

疲れやすくて、眠くなるのだと思います
なぜ疲れるかというと、筋肉量が少ないから
体を鍛えなくては!!!

集中力が途切れずに
眠くならない方法が知りたいです
[PR]
by richegg | 2006-08-28 14:01 | セルフメンテナンス
不思議の国のロシア 〜エカテリーナ2世〜
エカテリーナ二世 1729年生まれ 在位1762〜1796年

エカテリーナ二世が在位する2つ前の女帝、エリザベータは独身だったので姉の息子を養子としてロシアに来させるんだけれど、ドイツ人意識が強くロシアに馴染む気配がないダメ息子(ピョートル三世)でした。
そのダメ息子はプロシア王女との結婚を希望したけど断られて、ドイツシュテッティンの貧乏貴族でクリスチアン=アウグスト公の第一息女ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプスト、その後ロシア正教に改宗してロシア語を学び改名し、エカテリーナ・アルクセーヴナと名乗ります。ゾフィーの母親の兄は、エリザベータの婚約者だったのですが死んでしまっていて、そういうご縁からの結婚です。
小さい頃からエカテリーナは自分の容姿があまりよくないこと、地方貴族という低い身分、そして努力家で勤勉家な事を分かっていました。ダメ息子のピョートルと結婚したのはロシアという国を手に入れたいという野望の為になのです。

1745年8月21日 結婚(14歳)
エカテリーナの花嫁衣装は、銀糸とビーズの刺繍がほどこされた、それはそれはド派手な衣装でした。普段のウエストが63センチだったのに、コルセットによって48センチにし、3時間の結婚式の間に6回倒れたと言われています。この衣装は現在もクレムリンにある武器庫に展示されております。

1754年9月20日 出産
2度の流産後、後にパーヴェル一世と呼ばれる男児を出産。
ピョートル三世とは既に終った関係だったので、この子供はセルゲイ・サルトゥコフが父親なんだそうで。でも義母のエリザベータにこの息子はとられてしまい、手元で育てることはできませんでした。

1761年エリザベータ 死去 ピョートル三世の治世
せっかくプロシアとの戦いで勝利が近かったのを、あっさり停戦し占領地を返還し、一緒に戦っていたオーストリアと戦うという、アホな事をします。

1762年近衛連隊クーデター
アホなピョートル三世に我慢ができなくなって、近衛連隊がクーデターをおこします。ピョートル三世は廃位され幽閉され、エカテリーナ二世が即位。
ピョートルはその後幽閉先で謎の死をむかえます。

女帝になった後のエカテリーナは
トルコ戦争をして勝利をおさめたり
ポーランドをオーストリア、プロイセン、ロシアで3分割させたりします

国内では文科・学術・教養などの近代化を推しすすめて、女子学習院の創立、法廷の編纂、科学アカデミーの設立なども行なう。建築もガンガンすすめられました。エリザベータやエカテリーナの女帝時代に活躍した建築家がラストレリです。

1796年 脳溢血の為死去(67歳)
エリザベータに育てられたパーヴェル一世は、これまたダメ息子なので次代皇帝は初孫のアレクサンドルにするつもりでした。この孫もエリザベータのように、出生後嫁から取り上げて自分で養育したりしてました。即位したパーヴェル一世は法律で男系優位の皇位継承法を制定して、女帝を認めなくします。お母さん、よっぽど嫌いだったんだね。

いろいろ書きたいことや思うことはあるのですが、ロマノフ王朝(1613年〜1917年)は300年は、江戸時代の徳川幕府と違い、不安定な政治経済だったような気がいたします。
ちなみにロマノフ家というのは現存しているらしいです。

エカテリーナ2世肖像画
b0029037_947249.jpg
b0029037_9471990.jpg
b0029037_9482066.jpg
b0029037_951305.jpg


知性に溢れ教養があり、美術工芸品を愛し、夜はたくさんの愛人と一夜を共にしたエカテリーナ。賛否両論あるとは思いますが、栄華を極めたキンキラ宮殿を見学すると彼女の偉業は歴史に残るすばらしさだとは思います。

ロシアに旅行にいかれる方は、ピョートル大帝とエカテリーナ2世について勉強すると、だいたいの事が頭に入りますよ♪
[PR]
by richegg | 2006-08-27 09:59
不思議の国のロシア 〜カロリぽい編5〜
カロリぽい編でこんなにだらだらアップしてすいません。

6日目
夕食(ホテル)
サラダ
b0029037_134118.jpg

メインのサーモン?胡麻のソースがかかっていて美味♪付け合わせのライスも黒いライス?がプチプチとした食間で美味しかったです。
b0029037_14547.jpg

デザートのチョコレートケーキ
b0029037_15353.jpg

中にはクルミとレーズンが入っていました。ん〜あまい!
最後の晩さんということで、ツアーの方達は大いに盛り上がっておりました。


7日目
朝食(ホテル ブッフェ)
コーンフレークとクロワッサンと半熟卵
b0029037_175482.jpg

今日も食欲旺盛なパパです
b0029037_18234.jpg



昼食
内装
お店の外観は中にレストランが入っているとは一切看板がないので分かりません。でも、現地のお客さんもいました。
b0029037_195567.jpg

スープ
ペレメリ入りのスープ。テーブルには醤油も置いてありました。
b0029037_1105469.jpg

メインのハンバーグ
ガイドさんはビーフステーキといったから期待していたら、赤身の固いハンバーグでした。小さく見えますが、噛みごたえは充分、すぐおなかいっぱいです。
b0029037_1123653.jpg

デザートのロールパン
b0029037_1131760.jpg

ケシの実?入りであんまり甘過ぎず美味しくて完食。ただし、後でヨウジが必要なくらい歯につまりました(笑)
b0029037_114556.jpg



飛行機(モスクワ〜成田)
あり得ないくらいに不味かった、「ヌードル」油味?塩とコショウと、サラダに付いていたレモンを絞ってみましたが、すごいものでした。
b0029037_1163224.jpg

パパのメインのビーフ
?食べられなくはないですが、表現しにくい味でした。
b0029037_1173355.jpg



帰国後
地元の甘味屋さんにて
カニ雑炊(お餅入り)
b0029037_1181893.jpg

ほっこり。いきなりディープな地元(初めて入ったお店だけど)


世界にはいろいろな食べ物や食文化があります。
帝政ロシアの一番華やかな頃、エカテリーナ二世は他国のヨーロッパに負けないように、絢爛豪華な建築物をたてたり世界中の工芸品宝飾品を集めます。きっと食文化もそうだったのでしょう。例えば白鳥は王族しか食べられない珍品だったそうです。
それなのに、現在のロシアの食文化は、、、
マックに行列しているのも分かるような、、、
単に団体旅行で行くツアーだったから、大量生産のそれなりの食事しかなかったのかもしれませんが(笑)

例えば、フランスの場合はオーストリアから嫁いできた嫁さんが、一生懸命テーブルマナーなどを伝授して、本場を凌ぐ程の食文化を形成したのですけどねぇ。
ドイツの片田舎の嫁さんは、戦争屋さんで負けず嫌いで女帝までのぼりつめたけど、彼女一人では何せ広すぎる土地でしたね。

カロリぽい編 終
しょうもなくダラダラ失礼いたしました。
読んでいただいてありがとうございますv(^^)v
[PR]
by richegg | 2006-08-27 01:29
不思議の国のロシア 〜カロリぽい編4〜
5日目
夕食
外観
b0029037_0371315.jpg

入り口は狭いけど中はウナギの寝床のように長く続いております
b0029037_0375916.jpg

b0029037_0381962.jpg

サラダ
b0029037_0394248.jpg

つぼ焼き
パイ生地を期待していましたが、パン生地。蓋のパンはお好みで、そのまま食べても中に入れて食べても良いそうです。
b0029037_041635.jpg

b0029037_0412199.jpg

b0029037_0414159.jpg

デザートのパン
炭水化物バンザイ!!
b0029037_0425257.jpg



6日目
朝食(ホテル ブッフェ)
b0029037_0453320.jpg

近代的ホテルにやっと泊れましたが、相変わらず給仕係は無表情で対応が悪い。


昼食
団体様大歓迎♪と言われているような外観。昔はコンサートホールだったと思われます。
b0029037_0473392.jpg

スープ
b0029037_0484172.jpg

b0029037_0492471.jpg

メインは豚肉。もう少し柔らかいと食べやすいのですが。付け合わせはジャガイモ。
b0029037_050179.jpg

デザートはキャラメル味のパインケーキ。極甘!
b0029037_051670.jpg



スーパーの魚売場
b0029037_0514494.jpg

b0029037_0515770.jpg

釣り妻のスイスイさんのおっしゃる通り、ロシアはアジアです。
サキイカや干物、おかきも売ってました。
ハムやサラミなど生肉よりも日持ちのする加工食品が多かったです。
このお店で見たレバーの色は、、、とても食欲はそそらないドドメ色。
でも、裏の裏を考えると日本のスーパーでは魔法の粉(色が赤黒く変色した肉に、粉を振り掛けて鮮やかな色に戻す、添加物)を使っているからだけかもしれません。


50ルーブルのアイス
中国系のお姉さんが働いてました。スイスメイド♪
b0029037_0561819.jpg

バニラビーンズがたっぷりで濃厚な味!うま〜!!!と旅の中でお腹に入れたものの中では感激系でした。(スイスメイドだけど、ま、いいか)
b0029037_0565737.jpg

[PR]
by richegg | 2006-08-27 01:01
不思議の国のロシア 〜カロリぽい編3〜
4日目
昼食
朝食の時の建物前もでしたが、昼食のお店の前もいかつい警備員がいました
おみやげやさんなどの、高級店だけでなくいろいろなところに用心棒
外観
b0029037_0111096.jpg

コテージもあったりして
b0029037_0124242.jpg

内装
b0029037_013517.jpg

スープ(ボルシチ)
b0029037_0133797.jpg

b0029037_014072.jpg

鶏ササミ肉のオーブン焼き?
b0029037_0142240.jpg

アップルパン
b0029037_0152825.jpg

この地方特産のハチミツ酒をいただく。
微炭酸入りの食前酒のような感じ。
私はパス!で写真をとることもしませんでした。


夕食(ホテル)
何百人も収容できるホテルというよりは、合宿所でした
レストランというより、巨大ビアホールのよう。二階にも席があって大にぎわい!
b0029037_0182689.jpg

サラダ
b0029037_0183974.jpg

ビーフストロガヌフ
?日本で食べるものとは別ものでした
b0029037_020065.jpg

クレープ
ジャムが柑橘系でイチゴジャムに飽きていたので新鮮でした
b0029037_0211941.jpg

部屋に戻る手前のホールでは、若い男女4人位が音楽に合わせて踊っていました。このホテルでは、ポルトギーゼ(ポルトガル人)に遭遇。世界遺産がごろごろしている場所には世界中の観光客が訪れます。


5日目
朝食(ホテル)
チーズとハムとヨーグルトと白パン黒パン
そしてオムレツ
b0029037_022968.jpg

ふわふわしていて、なかなか美味♪

昼食
お寺の目の前にある、お店です
b0029037_024482.jpg

お店の中には森前首相の写真が!
スープ
b0029037_0252744.jpg

b0029037_0254360.jpg

キエフ風カツレツ(といっても、鶏ササミ)
b0029037_0284834.jpg

中を切るとジュワ〜っとバターがでてきて、カロリぽい海に
b0029037_030131.jpg

b0029037_0301321.jpg

デザートはミルク味のアイス
b0029037_0303959.jpg

ここでは、名物のハチミツワイン酒を注文。薬ぽかった。
[PR]
by richegg | 2006-08-27 00:35
不思議の国のロシア 〜カロリぽい編2〜
3日目
朝食(ホテルブッフェ)
b0029037_19281772.jpg

b0029037_19282891.jpg



昼食
甲冑がディスプレイしてある、地下にある暗いお店でした
b0029037_1930137.jpg

メインはシャシリク(ロシア風串焼き)
私は豚肉だと思いましたが、マトンという人もいたりしました
それでも豚肉だと思うなぁ
b0029037_19304698.jpg

デザートはまたこれも激甘!
b0029037_19324234.jpg



夕食
いかにも若い人が好きそうなディスプレイのお店でした
サラダと黒パン白パン
b0029037_1934970.jpg

スズキのグリル
この付け合わせのジャガイモがカロリぽいです。油で揚げてあるのですが、カリカリではなく火が通る程度の揚げ具合で、油切りがあまりされていない(笑)
b0029037_19364583.jpg

デザートのアイスクリームフルーツ添え
b0029037_19371353.jpg



夜食(サンクトペテルブルグ〜モスクワ行き列車内)
23:30発の電車に乗ってモスクワに向かいました
二人用の寝台車の中
b0029037_19392890.jpg

鏡の奥にミネラルウォーターとお弁当セットがありました
b0029037_19394043.jpg

パンとクラッカーとヨーグルトにチョコレート
b0029037_19402770.jpg

こちらはおつまみ類
イクラとチーズとバターとサラミ
b0029037_19403862.jpg



4日目
朝食(ブッフェ)
こんな外観のところに行って
b0029037_19444766.jpg

こんな内装のところで
b0029037_19451160.jpg

変わり映えしないですがパチリ
b0029037_1945429.jpg



トイレ休憩にて
この地方の焼き菓子を購入
マトリョーシカの形をしたお菓子とクルミがたくさん入ったお菓子を買いました
一ヵ月程日持ちするそうです
b0029037_19571081.jpg

[PR]
by richegg | 2006-08-26 20:15
不思議の国のロシア 〜カロリぽい編1〜
旅のレポのまとめ方をジャンルごとにまとめることにしました

で、最初にくるのは食事編ですロシアでの食事のポイントは

1.カロリぽいのですね(ガイドさんの日本語)
極寒の地なので、どうしても体のあたたまるスープ料理や少ない量で満足するカロリーの高い食事になるそうです。夏の間ダーチャ(家付きの耕作地)で野菜を作り保存食をたくさん作って長い冬に備えます。
夏になるとダイエットをして、少し痩せるのですが冬が始まるとまたカロリっぽい食事をするので元のもくあみなんだとか(笑)若い女性は皆スリムで美しいですが、おばちゃんは見る影なくおしりが巨大化します(^^;
冬お金のない人は、映画館やアイススケートする訳でもなく、仕事が終ったら家に帰るだけ。楽しみはテレビと食事を作って楽しむくらいと言ってました。

2.炭水化物バンザイ
とにかく、炭水化物のオンパレードでした。食事はだいたいサラダ、スープ、メイン、デザートの順番でした。スープにはジャガイモかライスが、メインの付け合わせにもジャガイモかライスが、デザートもクレープや甘いパンだったり、炭水化物の摂り過ぎ
!!

3.不味くはないのですが、、、
ぜったいこれは食べれません!というような強烈なものはありませんでした。味付けは塩味が主です。コショウなどスパイスの効いたものはほとんどありませんでした。スープやサラダの上は、毎回同じ香菜。
サラダはマヨネーズかけ、マヨネーズ和えのどちらか(爆)高級店ならいざしらず、暖帯観光客の行くお店は所詮このレベルなのですかね?日本もそうなのかな?一般の家ならきっとドレッシングの数はマヨ以外に胡麻や和風や洋風が冷蔵庫にありますよね?


1日目
成田で山菜ソバを七味を入れていただきました
b0029037_7521664.jpg



行き機内食(成田〜モスクワ)
前菜のスシ
b0029037_754692.jpg

メインのフィッシュ ご飯はインディカ米
b0029037_754458.jpg

デザート パンナコッタのような?
b0029037_7554063.jpg



ロシア語のペプシ
b0029037_7563970.jpg



機内食その2
サンドイッチ
b0029037_843749.jpg


機内食その3(モスクワ〜サンクトペテルブルグ)
b0029037_812538.jpg


サンクトペテルブルグには夜中に到着しました

2日目
ホテル朝食(ブッフェ)
b0029037_8162226.jpg

b0029037_8164266.jpg

スイカもありますよ♪町ではスイカ専門果物屋さんをたくさんみかけました。
b0029037_8165918.jpg

ブッフェの種類も豊富でした
b0029037_8171015.jpg

パンは白パンと黒パンがあります
b0029037_8173511.jpg



昼食
トマトのスープ 優しい塩味で中にはキャベツ等が入っていてサワークリームが載っています
b0029037_8253487.jpg

パンは二種類。一つはピロシキでした。揚げていなくてもピロシキ、中身がひき肉でなくてジャムなどでもピロシキといいます。
b0029037_827633.jpg

メインはペレメニ(ロシア風水餃子)
サワークリームが添えてあります
b0029037_828065.jpg

後から醤油が出てきましたので、かけてたべました
b0029037_8284959.jpg

クレープはイチゴジャムが添えられてます
b0029037_829361.jpg



夕食(ホテル)
サラダ ロシアはズッキーニではなくきゅうりな気がします
b0029037_8324185.jpg

デザートのタルト 
b0029037_8392181.jpg

イチゴの甘いデザート、下のビスケット生地はとても塩味が効いていました
ここで、デジカメのバッテリー切れ
メインはササミチキンのライス添えでした


ロシアの不思議
CUEパパはバッカス(ギリシャ神話にでてくるお酒の神様)を信仰?する人なので、毎回ビールを注文していました。ビールは350ミリリットルの小と500ミリリットルの大がありました。ツアーの方で小や大を注文するのですが、同じ大なのにグラスの違うコップに持ってきたりしていました。数が足りないとか、そういう話なのですが。
同様に、デザートのタルト用に小さいスプーンを頂戴と言っても、在庫がないから大きいので食べてと言われたり、、、。
それと旅行中、一度もスープ用のスプーンは見ることがありませんでした。

どうなのかしら?

日本なら、お箸の国だからフォークやスプーンの数が少なくて足りるので良かったと思いました(^^)

〜カロリぽい編2へ続く〜
[PR]
by richegg | 2006-08-26 08:49