「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
明日は
私にとってスペシャルデー♪
帰りはケーキでも買ってお祝いです♪
感謝感謝の気持ちでいっぱい♪
山あり谷ありですが、継続は力でございます♪

詳細は明日!

会社にて
[PR]
by richegg | 2006-01-31 10:11
ジーニョが一人前の男になった!
恋の話を書きます。
私の愛するジーニョはおませさん。気楽な外ダチョウ生活を楽しんでおりました。そんな去年のある日の事です。牧場に美人ダチョウが数羽やってきました。体格も良く羽も美しい美人ばかりです。しばらく、新しい場所に慣れさせる為隔離し、落ち着いたらそれぞれのパドックへ移動させました。
ところがいつまでたっても、神経質なメスが一羽落ち着きなくウロウロソワソワしています。これで雄を入れたら大変ということで、一羽だけでパドックへ入れていました。
そこへきて、外ダチョウのジーニョは二歳上の美女に一目惚れをしました。人間でいう中学生位のジーニョは柵越しに求愛ダンスを日々するのでした。
見かねた牧場の方が、ジーニョには早すぎると思いつつ少し落ち着いてきた、美女のところへ入れたのです。そうしたら、大変!ダチョウ恐怖症(人慣れはしている)の彼女は大暴れ!走り回る、威嚇音を出す、餌が食べれなくなって痩せる、自慢の羽は抜け落ちる、と悲惨な状態になりました。
同時にジーニョもがっかり。別に恐がらせるつもりでもないのに、近づこうとすると腫物のように彼女が逃げるのです。ジーニョは気楽な外ダ生活を捨てたのに、初めての恋は失敗に終わるかと思い始めていた頃でした。

ところでダチョウは神経質な鳥です。大人のメスで、既によい卵を産んでいても移動をさせたりして、ストレスがかかると少なくともそのシーズンは産卵しません。去年来た美女達は今年のシーズンからがんばって産んでもらわないといけないのです。牧場の方は、シーズン前にペアの入れ替えを考えておりました。産卵率、孵化率を高める為にです。
もちろんジーニョと美女のところもカップル解消候補になっておりました。彼女は大きくて綺麗な卵を産むので、今年のエースになってもらいたいからです。二羽の仲は最悪な状況を抜けたものの、一度も交尾を行なわないのですから仕方がないのです。前回その話を聞いて、美女にジーニョはそんなに悪い奴じゃないんだよ、と私は女同士の話をして説得をしました。(人慣れしているので、私は撫でる事ができます)
その話がわかった訳ではないと思いますが、最近二羽は交尾をするようになったと、嬉しいメールが昨日来ました!カップル続行です♪実は美女の名前は密かに付けております。晴れて産卵が始まったら、牧場の方に名前を付けてもいいか聞こうと思います♪

これを読んだ恋する男性の皆様も、ジーニョくらい真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか?高嶺の花も振り向くかもしれませんョ(*^_^*)
[PR]
by richegg | 2006-01-29 21:44 | 愛しのジーニョ
作品展
作品展の提出期限が刻々と近付いております。
なのに、ネットしているし!!
頭の中のイメージはかなり固まっているのですが、手がエッグに伸びない(^^;

今回の作品はホワイト一色です。
この作品は、いつもお世話になっているあの方への贈り物として、展示期間が終ったら差し上げる予定です。

作品展だから、頑張る!
のもいいのですが
あの方に喜んでいただく!
と思うと、早々な事はできないと思っています。感性が同じではないので、喜んでいただけるかは分かりませんが、心を込めて作れると思います♪
[PR]
by richegg | 2006-01-28 13:30 | egg art
歯医者にて
CUEは年に2回定期検診のハガキを送っていただいて、歯医者にはでかけております。甘いものが好きで、磨き方が悪く、虫歯ができやすいので。
で、半年に1回

「い、いたい、チョコが滲みる(><)!これって虫歯?」

と思い出かけるのです。
毎回同じ場所なんですが虫歯ではなくて、知覚過敏になっているのです。歯石取りと痛い場所にお薬をもらっておしまいです。知覚過敏になってしまうのは、歯磨きを強くし過ぎる場合とかあるそうです。私の場合は、歯ぎしりの為に就寝中装着しているマウスピースが、ぎりぎりとする時に横が擦れて歯茎を痛めているみたいです。

う〜ん、マウスピースを取るとまた歯が削れて、頭痛の素になるんだよね。

ということで、このまま歯茎を犠牲にする事になりました。プラスチックコートをするそうです。それをすると、傷が付きやすくなって虫歯になりやすいそうで、気を付けないといけません。

話は変わって、私の通っている歯医者さんには待ち合い室に水槽があります。たくさんのお魚さんが泳いでおります。その中に、1匹だけスッポン(だと思う)が泳いでいます。毎回気になっています。スッポンは幸せなんだろうか?それとも不幸?と思いながら家に帰ります。
[PR]
by richegg | 2006-01-27 06:05 | セルフメンテナンス
散髪
b0029037_1833918.jpg

今日は私の番です(^-^)♪

いろんなとりとめのない話をしたのですが
血液とか年齢とか結婚てとか、本の話とかいろいろ

なのになぜかシメは、ダチョウさんの話を熱く語っていました
ハハハ

美容室でギャハハハとはしゃいでいる私、完全におばちゃんです♪
少しでも自分より、年下の方と話せると、うれしいものなんです♪
[PR]
by richegg | 2006-01-25 18:33
薬用ですから期待しちゃうわ
b0029037_1903772.jpg

マツキヨにてお買い上げ
今夜デビユーです

ブログの更新が仕事中できなくなりました。これからは朝か晩にでも覗いてください♪
[PR]
by richegg | 2006-01-24 19:00
試食してきちゃった♪
イベントでは、ダチョウの卵を使った料理の試食ができました。

ソーセージ、ひき肉(ハンバーグかな?)、ホットケーキ
それから
b0029037_032488.jpg

b0029037_015275.jpg

ゆで卵を作るのに1時間半かかったそうです!!殻の厚さもあるので、火が中まで通るのに時間がかかるのでしょうね。
イベントのお手伝いに来ていた牧場の方に、簡単な卵のゆで卵の仕方を教えていただきました。ぜひご家庭でお試し下さい♪

1.給湯ポットを用意する
2.卵を入れて約2時間
3.出来上がり♪

1時間以上コンロの前で火の番をするのは苦痛ですが、ポットがしてくれるのであれば別の事ができますね♪

イベントでダチョウを見て興味を持ったあなたへ
あのダチョウは大人ダチョウのオスですが、繁殖用の大人の鳥達はあの2羽より2廻り位は体格が大きく、気性も荒めです(^^; 牧場に行かれて、あそこまで近くに行くのは危険な行為でしょう。

あの子達なら、体格も小さく良い子にしていられたので(運搬と展示中)こういったイベントやフェスティバルにもってこいかもしれません。

私は牧場の方を捕まえて話をしたり、この位の大きさなら家でも飼える!とか、終止ごきげんで過ごす事ができました。こういった機会により、ダチョウをもっと身近に感じていただければいいですね♪
[PR]
by richegg | 2006-01-23 00:33 | 食べもの(ダ系)
TCAにきております
b0029037_1431514.jpg

デジカメ持ってきたのに、バッテリーを忘れてきました(>_<)
携帯カメラでボケボケ(>_<)
アクマチャンの声が聞こえてきます。(オトナメンキョハ トウブンムリダネ♪)

受付入ってすぐのところで、二羽がお迎え中です。室内なのに、空調設備があるので臭いもなく暖かい場所でふれあえます♪
生徒さん達があまりにもフレンドリーなので、私照れちゃいます(^^ゞ
10歳以上違うのかしら?わおっ!!

TCA 東京コミュニケーションアート専門学校
[PR]
by richegg | 2006-01-22 14:03
ジーニョの散髪 散髪マニュアル
まずお詫びを。

ジーニョの牧場の方へ
せっかく撮影させていただいた、写真のデータがアップできなくて申し訳ございませんm(_ _)m
せっかく昨年購入した私の装備品、PANASONIC LIMIX FX9で撮影したデータがPC転送の際過って、消去されてしまいました(TT)ガーン。立ち直れない。。。


データがあった!!ので写真をアップ♪

*良い子の皆さんへ*
当たり前ですが、まだ使い慣れていないものは覚えるまで取扱い説明書は良く読みましょう!


さて、昨年も取得できなかった大人免許。今年も危ういかんじですが、気を取り直してジーニョの散髪ばなしを書きます。

先日、初ダチョウ牧場したCUEですがその際なかなか見る事の少ないものを見学させていただきました。

1.ジーニョの散髪
2.ひみつ♥

2.については、自分の中で何度か経験をしてから考えをまとめてこちらでも追々記事にすると思います。それまではひみつ♥にしておきます。
ですので、今回はジーニョの近況報告をさせていただきます。

写真がないので改めて説明します。
ジーニョとはサッカー選手の名前でもなく、ましては彼の名前を拝借した訳でもなく、たまたま私が名付けさせていただいたオスのダチョウの事です。詳しくは、カテゴリの「愛しのジーニョ」を参照してください。

さて、牧場は現在、産卵数がゼロという訳ではないですが、卵は産まない時期です。ですから、比較的大人ダチョウはメンテナンスが楽なのですが輪をかけて楽といえる時期とも考えられます。卵を産んでいないか確認する必要もないですし、ダチョウ達がナーバスにもなっていないからです。
しかし、牧場仕事はなくなりません。次のシーズンに備えて、大人ダチョウの散髪をしなくてはいけないのです。他の牧場はわかりませんが、ジーニョのいる牧場では必ずこの時期散髪をするのです。

散髪の意味
一年使った飾り羽(手羽のところ。白い羽及びその周辺部分)はかなりボロボロです。これをそのままにするのは、見た目だけの問題ではなく次に生えて来る羽が上手に生えてこなくなってしまいます。ですので、次のシーズンが始まる前に、一羽ずつ丁寧に牧場の人がハサミで一本ずつ切ってくれるのです。

ということで、丁度よいところに丁度良いダチョウさん=ジーニョ(彼は目隠しをすると非常に大人しくなる、比較的扱いやすい鳥なのです)をお手本にデモンストレーションを拝見させていただきました。

手順1 鳥に目隠しをする
赤いトレーナーの腕の部分を切り取ったもの(なのかは不明ですが、そういう形状のものをイメージしてください)を手に柵に入ります。彼らもばかではないので、目隠しは後ろ手にもって何気なく装ってください。
「♪ふふふ、ふ〜ん♪」
という何気なさを装い、少しずつダチョウとの距離を狭めましょう。強引に走って追い掛けたり、鳥を追い掛ける事は大変危険です。彼らを興奮させたりせずに角に追い込むのが良いでしょう。手で首がつかめる距離になったら、首の根元を持って下に降ろさせ素早く、目隠しをします。

*これは非常に訓練が必要な行為です。良い子は決して真似をしないように

手順2 羽を切る
羽を切るといっても、むやみに切ることはできません。生きている羽は、根元に神経が通っている(血が通っている)ので間違って切ったら、すごく痛いですし出血します。
目が見えなくなった鳥は大人しくなる(ハズ)なので胴体を抱えるような体勢で、手羽の所を持ち一本ずつ確認しながら根元から切ります。
神経の通っている羽、、、は根元の軸部分がブヨブヨと柔らかいです
神経の通っていない羽、、、パサパサと固くなっています
大人しく座ってくれる彼らではないので、歩きながら少しずつ左右を切りましょう。

*目隠しをしたジーニョの目から涙がじんわりと布を濡らしていくのが、観察されました。大きい瞳だけに、涙の成分が元々多いのでしょうか?それとも泣いているのでしょうか?ウルウルと見える瞳は本当に潤いをたたえているですね。
b0029037_1521453.jpg

手順3 羽の回収
切り取った羽は、白い羽(黒もしくは茶色も多少あり)。白い羽は大変貴重な羽です。なぜなら、白い羽しか染色に適さないのです。年末の紅白も宝塚もリオのサンバも、全ての衣装はこの白い羽がとても必要で重要なのです。
後で綺麗に洗い、乾燥させ、大事な牧場の収入源にしましょう♪
b0029037_15224592.jpg

手順4 目隠しの除去
終了

ということで、さっぱりして良かったねジーニョ!
牧場の方が手慣れていても、一羽ずつする作業なので一日にできるのは、隙間時間を使う関係上3〜4羽ずつ位をするペースです。私もジーニョが散髪する一部始終を見学させていただいたのですが、柵の中を逃げ回るし前日の雨で地面はぬかるんでいる足場の悪い中ですので、手慣れている方でも大変そうに見えました。あ、牧場の方はあくまでも簡単といいます、、、。

子供の散髪をしているお母さん、子供がじっとしてくれなくて大変!と思っていてもダチョウ程ではないと思います。まず、間違って出血する心配もないでしょう。多少失敗しても生えて来る髪の毛、あまり神経質ならずおおらかな気持ちで次回は挑んでみてはいかがでしょうか?
[PR]
by richegg | 2006-01-22 01:12 | 愛しのジーニョ
JOC
あ、更新をなまけないと言った早々昨日記事が書けませんでした。いかんです(><)

さて、世の中の人はJOCと聞くとこちらを連想すると思います。
JOC - 日本オリンピック委員会
ですが、私などはJOCと聞くとこちらを連想します。
21世紀を担う『オーストリッチ(ダチョウ)産業』つまり、ジャパンオーストリッチ協議会の略です。

東京上野に会社があるので昨夜出かけてきました♪
いろいろな話をメモを取りながら、お茶をいただきながら、3時間も居座ってしまいました(^^;私の会社であれば、非常に嫌な客人です。遅い時間まで長々本当にお邪魔いたしました。

目的はいくつかあったのですが
1.オーストリッチオイルの購入
2.国産オーストリッチ専門商社フライングオーストリッチの今後について
3.社長様と面会(歩く広告塔な方です。リッチ柄のネクタイ。リッチ皮の手帳や靴と全てがリッチ尽くしでした♪)ダチョウが好きな方は私達の仲間ですよ、という温かい言葉をいただいて大変嬉しく思いました。

どれも達成して、私はとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
まあ、相手もいる話なので具体的にどうのこうのとは書けないのですが、興味深い話はいろいろ聞けました。ダチョウありき、ではないのですって!現在の農協等のシステムとは全く違う発想のもと誕生した団体なのです。詳しい話はHP等をごらんくださいませ。

JOCとJOINとフライングオーストリッチと三つの組織の違いなども分かりやすく説明をしてもらいました。

お土産に、JOCの機関誌「JOCジャーナル」もいただいて帰りました。
そこには、電気のふるさとじまん市でダチョウバーガーの販売をされた、阿寒オーストリッチのWEB管理人さんも寄稿されていたのですよ♪私の事もかいてありました♪’謎のダチョウ愛好家のご婦人’という風に(^^;いや〜照れるなぁ〜と思いつつ嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
一緒に呼び込みをした、JOINの方とも再会したのですが、じまん市の時よりも顔が絞られていて驚きました。最初のごあいさつが「あら?痩せましたか?」からしてしまった非礼をお許しくださいませ(^^;事務の皆様は毎日見ているから成果がよく見えないだけです。確実に体重を減らせていると思いますよ♪その意気で継続されてくださぁい♪

最後に今何が足りないか?
という話になった時、信頼というお答えをいただきました。
アメリカ牛の輸入の停止のニュースを知って、ますます信頼という言葉が重くのしかかります。

あなたが食べている食品を信頼していますか?
あなたはまわりの人を信頼していますか?

ちなみ私はその時に、愛が足りないと答えました。
家族や恋人とケンカをしてもつまるところ愛があれば、また何度でもやりなおせると思います。

あなたが食べている食品は愛すべきものですか?
あなたはまわりの人を愛していますか?

信頼とか愛はお金では買えない、目に見えない大事なものですね。
CUEはこのブログを読んでくれる全ての方を、信頼しておりますし愛しております。そしてなるべく多くの方に、信頼されて愛されるべき人になりたいと思っています。

なぁんて、ちょっと格好つけてみました(〃^▽^〃)クフフ。
[PR]
by richegg | 2006-01-21 15:41 | ダチョウについて