ダチョウ好きになって早数年
基本私はあんまり過去についてグダグダしていないつもりなのですが
現在外出もあんまりできないので、過去のダチョウ牧場写真を眺めていたりします


去年の8月に牧場に出かけた写真を眺めていました
b0029037_14173777.jpg

これはダチョウの餌の納品トラックを撮ったところです
この餌、評判の美味しい餌らしくチュンチュンだけでなくチューチューも食べに来たりします(チューチューは寄生虫や病原菌を多く持っているので、見つけたら速攻で退治します!)


ダチョウを知って惚れてから数年が経過いたしました
自分の熱は冷めていないと思うの
自分で産みたて卵を拾って洗って孵卵器入れて孵化させて、、、大人にまでさせてみたいです

「ダチョウを飼いたい」
私の願望はシンプルで簡単なのですが、散々夢見る夢子のように本気にされませんでした
ダチョウの事を少しづつ知ることによって、別に夢と言う程遠大ではない事も分かってきましたし


でもダチョウ業界をいろいろ知ってしまうと悲しいことにも直面します
人材育成がまだまだなのですよね
ダチョウを飼育する人
ダチョウ製品を製作する人
ダチョウ製品を販売する人
人が育っていないような気がいたします(といっても、私は外部だから言いたい放題言えるのかもしれませんね)

ビジネスを成功させるには
ヒト、モノ、カネだとある人はおっしゃいました
私はこの中で一番必要なのはヒトなのではないかと思います
[PR]
by richegg | 2007-07-17 14:43 | ダチョウについて
<< 生体リズム 自然災害 >>